新しいグループを作るために

新しいグループを作るにあたって、いくつかの提案があります。
以下に挙げたことは、ひとつの提案であって、このとおりにやらなければならないというものではありません。


1: ミーティングに参加する

もし、12ステップグループのミーティングに参加したことがないのであれば、 ACODAグループのミーティングに参加して、ミーティングがどのように行われているか、体験するとよいでしょう。
グループのサービス(司会進行、会場係、会計係、チェアパーソンなど)を体験すると、 グループの運営について、より理解できるようになるかもしれません。
新しいグループを作るためにはどうしたらよいか、参加したグループの仲間に尋ねてみるとよいでしょう。 新しいグループを作った経験がある仲間が、あなたの質問に答えてくれるかもしれません。

ACODAは、AA(アルコホーリクス・アノニマス)の12のステップと12の伝統を基にした、 ACODAの12のステップと12の伝統を使っています。
新しいグループを作るために、12のステップや12の伝統について学ぶことをお勧めします。 グループを運営していくためには、12の伝統が役に立ちます。

もし、ACODAグループのミーティングに参加することが難しければ、12のステップと12の伝統を使っているほかのグループに参加してみるのもよいでしょう。


2: 仲間を集める

ミーティングは一人でも始められますが、なるべく、いっしょにやってくれる仲間をみつけたほうがよいでしょう。
経験の教えるところでは、数人で始めたほうがうまくいくことが多いようです。

また、お近くで、仲間を探している方がいれば、 インターグループからお知らせすることもあります。
仲間を探している方は、インターグループにも、おしらせください。

また、お近くにあるほかの12のステップと12の伝統を使ったグループや、治療施設、行政機関などで仲間が見つかることもあります。


3: インターグループに連絡する

グループを立ち上げたいと思ったならば、郵便またはメールにて、次の事柄をACODAインターグループにお知らせください。
 1. 氏名
 2. 郵便番号
 3. 住所

ACODAグループについて資料と、グループ情報を通知していただく書類をお送りします。
資料をよく読んでいただき、グループをどのように運営するのかについて、 発足したいと考えている仲間とご相談・ご検討ください。

なお、資料送付は、迅速に対応することを心がけておりますが、1か月程度の時間を要する場合があります。


4: 運営方法を決める

新しいグループに参加する仲間たちと相談しながら、グループの運営方法を決めましょう。

▼グループ名
グループ名は、既存のグループと明確に区別できる名前にしましょう。 また、グループ名に特定の企業や団体などの名前をつけないように勧められています。

▼会場
会場は、交通の便がよく、毎週決まった時間に使用できるところが望ましいでしょう。 特定の企業や団体の施設をお借りすることは、たとえ、会場費を支払うとしても、 伝統6に関わる問題が起きる可能性があります。十分に注意しましょう。
また、公的施設に次いで、教会の多くは、わたしたちの申し出に協力的でした。 会場によっては、使用料を要求しないところもありますが、 経験の教えるところでは、グループの自立の原則に忠実に、 少額であっても使用料を払うほうがよいでしょう。

▼開催日時
お借りする会場との関係もありますが、できる限り定期的にお借りすることができる日時を選びましょう。 毎週違う時間、曜日に開催すると、あたらしい仲間が参加しにくいかもしれません。

▼ミーティングの種類(オープン・クローズド)
オープンミーティング・クローズドミーティングのいずれかを選びましょう。
オープンミーティング、クローズドミーティングの意味をよく理解することが大切です。 特別な事情がなければ、AC本人だけで行うクローズドミーティングとして始めるのがよいでしょう。 AC本人だけが参加できるという条件以外の条件をつける(ダブルクローズド・トリプルクローズド)場合は、 既存のACODAグループや、AA(アルコホーリクス・アノニマス)などの12ステップグループの例を参考にしましょう。 わかりにくい条件をつけることは、伝統3にも関係します。 ステップミーティングや伝統ミーティングを開催する場合は開催する週を固定したほうがよいでしょう。 たとえば、第1週をステップミーティングにするといった具合です。

▼代表者
ACODAインターグループとの連絡係を選出してください。 グループの登録状況を変更する場合は、代表者からACODAインターグループに連絡してください。 また、必要に応じて、ACODAインターグループからグループの活動状況などについて問い合わせをすることがあります。 代表者はアノニマスではなく、氏名・住所など必要な個人情報を、 ACODAインターグループにおしらせいただくことになります。 これは、ACODAインターグループからグループに必要な情報を伝えたり、 問い合わせる必要が生じたときに使用します。そのほかの目的には使用しません。


5: グループの情報をインターグループに伝える

▼ミーティングを始める前に
グループの運営・開催日などが決まりましたら、グループ登録用紙とグループ代表者登録用紙を、 郵便でACODAインターグループにお送りください。 ACODAインターグループは、内容を確認して、ミーティングカレンダーやホームページに掲載します。

折り返し、ミーティングで必要となります、次の文献をお送りいたします。
 1. ミーティングハンドブック
 2. 初めてACODAミーティングに参加するあなたへ
 3. グループガイドブック

ミーティングカレンダーは、必要な方に随時配布しています。 ミーティングカレンダーに新しいグループを載せることは、 まだミーティングに参加していない仲間に、参加する機会を与えます。 そのためにぜひ新しいグループの情報をACODAインターグループにおしらせください。

なお、文献等の送付は、迅速に対応することを心がけておりますが、1か月程度の時間を要する場合があります。 また、グループ登録用紙とグループ代表者登録用紙はかならず郵便にて送付くださいますようお願いします(メールでは受け付けていません)。 あらかじめご了承ください。


6: 文献について

通常、ミーティングで使う、「ミーティングハンドブック」、「初めてACODAミーティングに参加するあなたへ 」、 「グループガイドブック」は、ACODAインターグループから配布します。 ACODAインターグループから配布された文献をご利用ください。

▼ステップミーティングで使用する文献について
ステップミーティングでは、多くのグループが「ACのための12のステップ」という本を利用しているようです。
「ACのための12のステップ」は、事務の都合上、ACA事務局のみでの扱いとなっております。 お求めになる場合には、ACA事務局にお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。
ACA事務局の連絡先など詳しいことは、新しいグループを発足することをインターグループにおしらせいただいた時に送付する資料をご覧ください。
※ACA: アダルト・チルドレン・アノニマス

▼伝統ミーティングで使用する文献について
大変残念ながら、ACODAグループには、12の伝統のための文献はありません。
AAの「12のステップと12の伝統」をお勧めしています。
伝統ミーティングを行っているグループに参加して、やり方を学ぶのもひとつのやり方かもしれません。

戻る